東京の探偵事務所が格安

浮気調査をして結果が黒だった場合、その後の話し合いの注意点について

東京 探偵事務所 安い

主人の行動が怪しいと思うようになり、注意深く様子を見ることにしました。
いつも机の上に置いていた携帯を家の中でも持ち歩くようになったり、夜いつもリビングでテレビを見ていたのに早めに寝室に行ってしまう、飲み会が増えた、私話を上の空で聞くようになったなど不安になるような様子が見られました。

 

嫌な予感がして、一人思い悩みましたが、しっかり現実をみようと、プロの浮気調査をしてもらうことにしました。

 

まず私が知る限りの情報をお伝えして、その後調査内容の説明と見積もりの提示があり、お願いしました。1週間の調査の間、主人にばれないか、浮気本当だったらと不安でした。1週間後の報告では、証拠写真、証拠動画、報告書が渡され、主人の浮気が決定的になりました。

 

覚悟はしていたつもりですが、涙が止まりませんでした。
悲しみと同時に怒りもわいてきて、主人と話し合いを決行しました。

 

その時に注意しなければならないのは、プロによる調査をしたことを見せない事です。

 

私の場合は修復を望んでいましたので、それを見せると、そこまでしたかと主人を怒らせていい方向に進まなくなってしまうと思ったからです。

 

もし、離婚する方向での話し合いになってしまったら、相手の女性への慰謝料請求や、主人への財産分与や慰謝料などの手続きの段階で、証拠としてしっかり提示した方がいいと思ったからです。

 

私は浮気調査の結果をきちんと受け止めて、主人との話し合いの場では冷静に話すことができて、主人は浮気を認めて、すぐに別れる、申し訳なかったと泣いて詫びてくれました。浮気調査したことは言ってませんが、調査をしたおかげで私も冷静に話せてよかったです。